一般診療

ホーム  >  予防歯科・むし歯

予防歯科・むし歯
Preventive Dentistry

予防歯科

痛いから治療するのではなく、痛くならないように予防しましょう。
むし歯や歯周病になった際には、できるだけ早期治療を受け、進行を防ぐことが大切です。
しかし、そうなる前になによりも大切なことがあります。

それが「予防」です。
「痛いから治療する」のではなく、「痛くならないように予防する」ことが大切なのです。

日本では、歯科医院は「むし歯や歯周病になってから行く場所」というケースが多いのに対して、予防歯科の先進国であるスウェーデンでは、歯科医院は「むし歯や歯周病にならないために行く場所」というのが一般的。

これは「なってから」ではなく「なる前」の、予防の重要性が理解されているからです。
予防歯科

予防メニュー

ブラッシング指導 予防の基本となるのが、毎日のブラッシング
フッ素塗布 歯質を強くする効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布して、むし歯に強い歯にする処置
PMTC ブラッシングでは落とし切れないプラーク(歯垢)や歯石を、徹底的に取り除く処置

予防歯科の必要性

未然に防ぐ
未然に防ぐ
定期的な予防やメンテナンスで、お口の中の健康が維持できます。
治療期間の短縮
治療期間の短縮
仮にむし歯や歯周病になってしまっても、定期的に通っていれば早期発見・早期治療が可能です。
費用の負担を軽減
費用の負担を軽減
治療が簡単であれば、治療期間が短縮でき、費用の負担も軽減されます。

むし歯

歯が痛くなる前に、早期治療することが大切です。
進行すると歯を失ってしまうお口の2大疾患のうちの1つです。

むし歯は歯垢(プラーク)の中にいるミュータンス菌が出す酸によって、歯が溶けてしまうことが原因となっております。むし歯が進行し、歯の内部の神経組織にまで達すると、痛みが出ます。
「歯が痛い」「しみる」といった症状がある場合、むし歯になっている可能性があります。

むし歯は初期のむし歯(初期う蝕)でない限り元には戻りません。
ですから、歯が痛くなる前に、早期治療することが大切です。
むし歯

むし歯の進行

むし歯の進行具合を表したイラストです。
C1から、C2、C3、C4の順番に、進行した状態となります。
症状が重度になるほど、むし歯の範囲が広くなっていることが分かります。

C3の状態は、歯髄炎(しずいえん)と呼ばれる症状が出ています。
むし歯が進行し歯髄(神経や血管を含む部位)にまで達している状態です。
症状によっては歯髄の除去が必要になる場合があります。

C4の状態は、根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)と呼ばれている状態です。
歯髄が腐敗し、歯根の周囲の組織に細菌が広がることにより、歯根の尖端に炎症が起きて膿が溜まった状態です。

このように、むし歯は進行すればするほど、治療が大変になります。
定期検診により、早期発見、早期治療を目指しましょう。
むし歯の進行

むし歯の治療について

当院では、できるだけ痛みを感じない治療、できるだけ歯を削らない治療をすすめておりますのでご安心下さい。

高周波(マイクロ波)治療

当院では、高周波(マイクロ波)治療も行っております。
高周波(マイクロ波)治療は、根管内治療など狭い部位の治療に向いています。

高周波を活用することにより、高い殺菌効果が期待でき、それにより患部の痛みや腫れ、出血を効果的に抑えることができます。
また、症状によっては、治療中の痛みを少なくすることもできます。
治療には、体に悪影響を及ばさない安全な範囲の高周波を用いますので、安心して治療をお受け下さい。

診療内容
Dental Examination

一般診療

予防歯科やむし歯・歯周病の治療など、歯科医院で一般的に行なわれている治療が一般診療です。
むし歯は早期発見が大事です!
予防歯科は、歯を失う2大原因である『むし歯』『歯周病』の早期発見・予防・治療後の再発予防を行います。
むし歯・歯周病の疑いがある方は、少しでも早くご来院ください。
予防歯科

予防歯科

むし歯になる前に予防!痛いから治療するのではなく、痛くならないように予防することが大切です。
むし歯

むし歯

むし歯は、初期でないと元に戻りません。歯が痛くなる前に、早期治療することが大切です。
歯周病

歯周病

成人の約80%がかかっているとされる病気です。自覚症状も少なく、早期治療が大切です!

自由診療

インプラント インプラント治療の流れ 審美歯科・入れ歯
コンセプト・院内ツアー
院長挨拶・スタッフ紹介

ページ先頭へ

Copyright (C) FUKUYA DENTAL CLINIC All rights reserved.