一般診療

ホーム  >  歯周病

歯周病
Periodontal Disease

歯周病

歯周病は成人の約80%がかかっていると言われている病気です。
進行すると歯を失ってしまうお口の2大疾患のうちの1つです。
初期の段階では、痛みなどの自覚症状がほとんどありません。そのため症状が現れたときには、
すでに症状が進んでいる場合が多く、早期発見が難しい病気です。

歯周病チェックリスト

歯周病チェックリスト
女性
歯周病チェックリスト

歯周病の進行

通常の状態
通常の状態
歯と歯ぐきは、1~2mm程度の隙間が空いています。
→
↓
歯肉炎
歯肉炎
歯ぐきに炎症が起きはじめ、隙間は2〜3mm程度になります。
→
↓
歯肉炎(軽度)
歯肉炎(軽度)
歯ぐきの炎症が目立ち、細菌が歯周組織にも進行しはじめます。
→
↓
歯肉炎(中度)
歯肉炎(中度)
炎症が拡大し、歯と歯ぐきの間には、4~7mm程の隙間ができます。
→
↓
歯肉炎(重度)
歯肉炎(重度)
炎症は進行しませんが、歯槽骨が半分以上破壊され、歯がぐらぐらします。

診療内容
Dental Examination

一般診療

予防歯科やむし歯・歯周病の治療など、歯科医院で一般的に行なわれている治療が一般診療です。
むし歯は早期発見が大事です!
予防歯科は、歯を失う2大原因である『むし歯』『歯周病』の早期発見・予防・治療後の再発予防を行います。
むし歯・歯周病の疑いがある方は、少しでも早くご来院ください。
予防歯科

予防歯科

むし歯になる前に予防!痛いから治療するのではなく、痛くならないように予防することが大切です。
むし歯

むし歯

むし歯は、初期でないと元に戻りません。歯が痛くなる前に、早期治療することが大切です。
歯周病

歯周病

成人の約80%がかかっているとされる病気です。自覚症状も少なく、早期治療が大切です!

自由診療

インプラント インプラント治療の流れ 審美歯科・入れ歯
コンセプト・院内ツアー
院長挨拶・スタッフ紹介

ページ先頭へ

Copyright (C) FUKUYA DENTAL CLINIC All rights reserved.