インプラント

ホーム  >  インプラント治療の流れ

インプラント
Implant

インプラント治療の流れ

検査・診断
口の中の検査やレントゲン撮影、また骨の状態によっては、CT撮影を行います。
CTスキャンにより、より正確な診断が可能になりました。
インプラント治療を安心に、確実に行うには検査・診断が重要になりますので、充分な時間をかけて行います。
↓
手術
インプラント治療が患者様に適していると診断されれば、手術前の準備に移ります。
検査結果を元に治療方針・治療計画を決定し、詳しくご説明いたします。
手術は、麻酔をしてから、外科処置によって顎の骨にインプラントを埋め込みます。
↓
手術
インプラント体が安定した3~6ヵ月後、埋め込んだインプラントに人工の歯を連結するためのアタッチメント(パーツ)を取り付けます。(小外科処置を伴います)
↓
人工歯の製作
残った歯や噛む機能の回復を考慮して、技工士が患者様だけの人工の歯をオーダーメイドで製作します。
↓
人工歯の装着
人工の歯をインプラントに連結して治療は完了となります。
↓
メンテナンス
天然歯と同じように、インプラントにも良好な口腔衛生が必要になります。不十分な口腔衛生状態が続くと、インプラントの脱落などの原因になります。
そのため、正しいホームケアを行うとともに、定期的なプロフェッショナルケア(歯科医院でのメンテナンス)が大切です。

インプラントQ&A

金属アレルギーを持っているのですが・・・

インプラントで使用する金属は、ほとんどアレルギーを起こさないチタンです。
金属アレルギーが心配な方は、皮膚科で金属アレルギーテストを受ければ、より安心です。

手術は痛いですか?

インプラント手術は局所麻酔下で埋入されるため、手術中の痛みはありません。術後は数日間、腫れることがあります。
術後は痛みが少し出ますので、鎮痛剤を処方し対処いたします。

どのくらい治療に通うのですか?

それは一人ひとりの歯、そして治療法によって変わってきます。手術が一回で済む人もいれば、二回の人もいます。最初の検査・診断、その後のメンテナンスなど、6回~8回の段階的な治療が必要です。

診療内容
Dental Examination

一般診療

予防歯科やむし歯・歯周病の治療など、歯科医院で一般的に行なわれている治療が一般診療です。
むし歯は早期発見が大事です!
予防歯科は、歯を失う2大原因である『むし歯』『歯周病』の早期発見・予防・治療後の再発予防を行います。
むし歯・歯周病の疑いがある方は、少しでも早くご来院ください。
予防歯科

予防歯科

むし歯になる前に予防!痛いから治療するのではなく、痛くならないように予防することが大切です。
むし歯

むし歯

むし歯は、初期でないと元に戻りません。歯が痛くなる前に、早期治療することが大切です。
歯周病

歯周病

成人の約80%がかかっているとされる病気です。自覚症状も少なく、早期治療が大切です!

自由診療

インプラント インプラント治療の流れ 審美歯科・入れ歯
コンセプト・院内ツアー
院長挨拶・スタッフ紹介

ページ先頭へ

Copyright (C) FUKUYA DENTAL CLINIC All rights reserved.